《1月8日(土)に名古屋市中村区に新店舗オープン》【予約制】

院長紹介

上杉 建登 (ウエスギ タツト)

うえすぎ整体院 院長
趣味:サッカー、フットサル、キャンプ、読書

1984/2/24生まれ O型

保有資格

  • 柔道整復師

活動内容

  • FCミナス監督兼トレーナー
  • トレーナー活動(フットサルチーム:ボセアマドールフットサルクラブ)
  • 小学生対象のトレーニングスクールコーチ

自己紹介 ~想い~

小学2年生の終わりにサッカーを始め、気付けば約30年。途中でフットサルにもはまりこれまた15年以上。

ボールを蹴ることが生活の中心にあるような生活をしてきました。
僕は現役時代、本当に怪我の多い選手でした。
5度の手術を経験し選手生命の危機もありました。そんな怪我の経験を乗り越え復帰し、競技を続けていました。
怪我、リハビリ、復帰を繰り返すのは本当に辛く苦しい事でした。リハビリが大変とかそういったことではなく、大好きなサッカーが出来ない、ボールが蹴れない、自分の思ったように身体が動かずプレーに納得がいかない辛さです。                 もっと頑張りたいのに痛みが出る。もっとこんなプレーがしたいのに不安が取れない。良くなったと思ったらまた痛みがぶり返す。こんな思いをしながらもボールを蹴ることだけはやめれませんでした。                                そこで僕が思ったことは、自分のように怪我で苦しんでいる選手、大好きなサッカーを痛みや違和感のせいで思いっきり楽しめていない選手の力になりたい。

これだけ怪我を経験したのはきっと、僕に誰よりも選手の痛みに共感できる治療家になれって言っているんだ!(笑)    そう思ったからです。本気で!!!                                         だから、僕は治療家として

「怪我で苦しむ人を一人でも減らす」

この目標に向かって日々の治療をしております。

「自分には何ができるのか?」をいつも自分に問い痛みで苦しむ人のためにできることを考えています。
当治療院では、リコンディショニングといって怪我や病気、ストレスなどで低下した身体と心の状態を元に戻し、本来持っている力を100%発揮できるように身体を「調整」していきます。
そしてさらに整った状態を維持し、怪我や痛みの予防・再発防止に繋げていくためにトータル的なアプローチをしていきます。
痛みの原因は、痛い部分にないことも多く、痛いところばかりほぐしてもなかなか取れない痛みがあるのはそのせいです。
こうした全身に潜む原因を見つけ、身体を根本から整えていく治療を行っております。

そして来院してくださったすべての方に、痛みから解放された楽しい毎日を過ごしていただきたいと思っております。
一度きりの人生、大好きなことを好きなだけ、楽しみたくないですか?

うえすぎ整体院は「カラダとココロが元気になる治療院」です。